パチンコ、パチスロ必勝マニュアルのご紹介。

ギャンブルって、みんな実はちゃんと知らないかも

必勝マニュアル

パチンコ・パチスロ必勝マニュアル

パチンコ・パチスロはギャンブルではない!


日本人はギャンブル好きな国民だと言われています。確かに、毎週末には競馬、競輪、オートレース、競艇と公営ギャンブルが開催され、またサッカーもTOTOとして賭けの対象になりました。年末&夏の宝くじは、もはや季節の風物詩ともなっています。そしてなにより、世界で例のないギャンブルの形態として「パチンコ&パチスロ店」の存在があります。カジノが存在する国は多いですが、これほどまでに街中にギャンブル店が存在する国はありません。庶民が気軽にカジノ(パチンコ・パチスロ店)に通える国は日本だけです。
さて、パチンコ&パチスロ店のことを「街中のカジノ」と表現しましたが、これは正しくは間違いです。カジノで行われるのはギャンブル勝負ですが、パチンコ・パチスロはギャンブルではありません。
これは(建前として)換金が許されていないから、という意味ではありません。パチンコ・パチスロは、実は運に任せて勝負が決まるギャンブルではなく、確率計算によって(長期的に見れば)ほぼ確実に勝つ、あるいは負けることが決まっている「ゲーム」なのです。

勝負の行方は確率が決める!


パチンコでほぼ確実に勝てる、と聞いて、恐らく思い浮かぶのは「よく雑誌やネットで目にする怪しい攻略法のことか?」と思うかもしれません。が、そういった怪しげな話ではなく、どこにでもあるパチンコ・パチスロ機種すべてに当てはまる法則です。
ここでたとえ話をしてみましょう。サイコロを使ってお金を賭けるゲームがあるとします。サイコロ一振りで100円を支払い、1の目が出たら600円貰える。この場合、運によって多少は前後しますが、延々勝負し続ければ±0になることは理解できるでしょうか。6分の1の勝負を続けて、勝てば6倍になるのだから、勝率はイーブンです。
ここで、払戻は同じく600円として、1振りが90円になったらどうでしょう?あるいは、1振り100円で、払戻が610円だったとしたら。額は微々たるものですが、勝負を続けるほど勝ち額は増えていくことになります。逆に1振り110円、あるいは払戻が590円なんて場合は、やるだけ負けていくことになります。
パチンコ&パチスロが「必勝or必負」というのは、このサイコロ勝負と同じ原理です。パチンコであれば、1000円で借りた玉で何回転すれば、±0円になるという「ボーダーライン」があります。これは運、不運といった不確定要素を考慮せず、理論的に計算した結果の数値です。パチスロであれば、おおよそ6段階ある設定のそれぞれに「機械割」という理論値が存在しますが、これは「投入したコインのうち何割が戻ってくるか」という数値です。機械割が100%を越えていれば、コインを投入しプレイするほど、多くのコインが戻ってくることになり、つまりは「必勝」というワケです。
当然ながら、サイコロを6回振って1の目が一度も出ないアンラッキーもあるでしょうし、立て続けに1の目が出るラッキーも起こるでしょう。ただし、回数を重ねれば6分の1に近づいていきますし、そうなればサイコロの目の偏りよりも、「1回いくらで払戻はいくらか」で勝ち負けは決まります。パチンコもパチスロも同じで、「勝てる台だけ打ち続ければかならず勝てる」し、「負ける台は打つだけ負ける」ようにできているのです。多少の運、不運はありますが、打ち続ければ運は無関係となるのです。
ここからは、その「勝てる台」をどうすれば見つけられるかという「必勝法」について説明していきます。目先のラッキーに騙されず、勝てる台を見つけ出す技術、知識を身につけましょう!

ギャンブルでも話題のギャンブルについての話はこのホムペがお勧め!!

Copyright (C)2012パチンコ・パチスロ必勝マニュアル.All rights reserved.